大腸がんは増加している病です|撃退する秘策を伝授

先生

基礎知識と予防法

タブレットを持つ医師

食道は口から食べたものが差塩に通ることになる臓器で長さが25センチ、直径が2センチから3センチの器官です。この食道でがん細胞が増殖すると食道がんになります。日本での食道がんの患者数は約1万人程度で、50歳以上の高齢者に発症しやすいのが大きな特徴です。日本は高齢化社会への道を歩んでいるので、この傾向から見ると、今後食道がんの患者数は増加する可能性が高いです。また、男性の方が女性よりも死亡率が高くなっています。これは男性の方が喫煙や飲酒を好む人が多いためです。また、大?の臓器は漿膜と呼ばれる丈夫な膜を持っていて、この膜はがんが外部へ漏れるのを防ぐ働きをしています。しかし、食道には漿膜が存在しません。そのため食道がんは転移の確率がとても高いです。

多くのがんは発症する原因がそれほどはっきりしていないのですが、食道がんに限っては発症する危険因子がかなりはっきりしています。食道がんを予防したいと考えるのであれば、喫煙と飲酒に関して注意することは必須です。特にタバコに関しては百害あって一利無しなので、何歳であっても辞めるに越したことはありません。飲酒も適度であれば、リラックス効果があるのですが、ついつい適量を超えて飲んでしまう人が多いのも事実です。この二つがどうしても止められないのであれば、定期的に内視鏡検査を受けるようにするなど二次予防に努めるようにしましょう。禁煙と適度な飲酒を心がけている人も発症確率が0になっているわけではないので五0歳以上になれば定期検診を受けるのが望ましいです。