大腸がんは増加している病です|撃退する秘策を伝授

先生

胆管の健康を守る方法

健康診断を定期的に受ける

治療室

胆管がんとは、肝臓から十二指腸までつながり胆汁がその中を通る管である胆管に発生する癌のことを言います。胆管は、長さが最大でも15センチほどで太さも最大で1センチほどといった小さな器官になるのでそこに癌が発生すると比較的すぐに症状が現れます。しかしながら、自覚症状が少なく自分で症状に気づく頃にはかなり病状が進行してしまっていることもあります。皮膚や白目の部分が黄色くなる黄疸と呼ばれる症状や、食欲不振、体重減少、皮膚のかゆみなどが主な症状になります。胆管がんの治療は主に手術のみとなっていて、早めに行うことが大事なので日頃から健康診断を定期的に受けてまずは病気の発見に努めていくことが大切になります。

内科と外科の治療の専門医

胆管がんは、日本ではより高度な治療が受けられる環境が整っていますがそれでも専門性の高い治療が必要となるので病院選びを慎重に行う必要があります。胆管がんは完治させるのが難しく、再発する可能性もあるので内科と外科の治療を得意とした専門医を探すことが大事になります。早期の治療が出来れば、5年の生存率は9割と比較的高いので初期症状を見逃さないようにすることが大切になります。多くの人は、ある程度進行した状態で見つかることが多いですが定期的に健康診断を受けていれば初期の段階で見つけることは不可能ではありません。検査で特に体に何も異常がなくても、癌が発生しやすい中高年になり異変を感じるような時は内科や外科をすぐに受診するようにします。