大腸がんは増加している病です|撃退する秘策を伝授

医者

今後と特徴

先生

現在とても増加しているがんの一つとなっているのが大腸がんです。増加の原因には二つの要因があって、一つは戦後からの日本人の生活スタイルの変化があります。特に食事の欧米化に関しては大腸がんと深い関連性を持っていて、今後も食事の欧米化はそのままの現状を維持していくことが考えられ、それと比例して大腸がんの患者は増加すると考えられています。もう一つは日本特有のものですが、日本人の高齢化があります。大腸がんを発症するのは50歳を超えてからが多く、特に60歳以上の高齢者になると発症率がとても高くなります。このまま推移すると今後も高齢化が進むことは明らかなので、比例して大腸がんの患者が増えると言われています。これらの要因から近い将来、大腸がんは日本人のがんの中で最も患者数が多くなると考えられています。

細胞が何らかの原因によって遺伝子に異常をきたし、無制限に増えてしまうのががんです。そのn細胞が大腸で増殖すると大腸がんとなります。大腸はいくつかの部位がありますが、特に直腸でできやすいのが特徴の一つです。直腸は便が残留しやすく、便に付着していたがん細胞が直腸で増殖する機会が多いのが直腸に癌ができやすい理由です。大腸がんは初期症状があまり見られないのも大きな特徴で、ごく初期の状態は特に自覚症状もなく、自分ではなかなか気づきにくいです。病気が進行すると、腹痛や下痢、食欲不振などの症状が現れますが、これらはごく一般的な病気でもなりうる症状なので、自覚症状を感じても軽い病気だろうと自己診断をしてしまって、発見が遅れることも多いのです。

日本人に多い病気

看護師

直腸がんは、大腸の肛門の近くにできる腫瘍の事です。肉食を食べる人が増えているために、昔と比べて罹る人が増えているのです。直腸がんになると、血便、残便感、便がスムーズに排出されなくなります。なので、こまめな定期健診が大切です。

基礎知識と予防法

タブレットを持つ医師

食道がんは50歳以上の発症数がとても多いです。高齢化に向かっている日本では今後患者数が増える可能性が高いです。食道がんの予防には何よりも過度の飲酒を控えることと禁煙に努めることです。また、50歳以上になれば定期検診を受けるのが望ましいです。

胆管の健康を守る方法

治療室

胆管がんは、自覚症状が出にくい病気の一つであり治療法は手術のみとなっているので早めに治療を受けることが大事です。健康診断を定期的に受けて、内科と外科の治療の専門医に治療をしてもらうことが大切になります。